考える、書く、伝える基本、論理の教科書

相手に伝わるように、とても分かりやすく話してくれる聡明な仕事仲間から、講話力を磨くなら、この本がいいよ、と紹介された「バーバラ・ミントの考える技術・書く技術」という書籍。

 

講話力だけでなく、プレゼンにも、資料作成にも、仕事する上で論理的に考え、表現する力が養われる教科書。1999年初版で長年のベストセラー。著書のバーバラ・ミントさんは、女性コンサルタント

 

相手にわかりやすく伝えることは、仕事だけでなく、日常会話においても、必要な力だなと思いながら、読んでます。論理的に表現することで、夫との会話もスムーズになります、笑。

考える技術・書く技術新版 問題解決力を伸ばすピラミッド原則 [ バーバラ・ミント ]

f:id:dragon0206:20190403110914p:plain

80歳で英語をはじめた理由

80歳のおじいちゃんが、英会話スクールに通いはじめたという話を、ラジオで聴きました。

 

家族からは、「なんで、いまから英語を習うの?海外旅行に行く予定もないのに」と言われたらしいのですが、

 

そのおじいちゃんは、「次に生まれ変わったときに、少しでも英語が上達していたほうが、次の人生で、楽になるかなと思ってね」と笑って答えたそうです。

 

輪廻転生があるかどうかわからないけれど、来生があると思って、今の人生を楽しむっていいなと思いました。

 

次の人生があるとしたら、できるだけよい形でバトンを渡せるように、今の人生を生きるって、ユーモアもあって、かっこいいなと思いました。

 

小さい頃、父親に、人は死んだらどうなるのか?と聞いたことがあります。

 

父親は「死んだらな、灰になってな、パッパラパーのパァって、散るだけだ。だから、いまを一生懸命生きるんだ、ガハハハー」と笑って答えました。

 

輪廻転生でも、パッパラパーの灰でも、いまを楽しむこと。これからどうなるかわからないことに不安にならず、決めつけず、いまを生きることが楽しいということ。

 

今朝は、4月から始まる新しい仕事の報告をしようとお墓参りにいきました。まだ、雪が残っていて、びっくり。「寒いですなぁ」とお墓にぶつぶつと話しかけながら、今後の報告した帰り、水汲み場で見つけた言葉です。

f:id:dragon0206:20190306104902p:plain

ラベンダーで眠れない3つの理由

先日、少人数のアロマセラピー講座を開催しました。参加者は50代の女性3名。その講座の中で「安眠にいいって、本に書いてあったから、ラベンダーを使ったけれど、ぜんぜん眠れなかったのは、なぜですか?」という質問がありました。いい質問ですね~。よくある質問で、とても大事です。

 

ラベンダーで眠れない3つの理由

①ラベンダーの種類

ラベンダーの種類はたくさんあります。例えば、真正ラベンダー、スパイクラベンダー、フレンチラベンダー、ラバンジンなど、種類によって主成分が異なり、各効能が違います。

安眠、リラックスには、真正ラベンダーを選ぶとよいです。真正ラベンダーには、鎮静作用のある酢酸リナリルを多く含みます。逆に、フレンチラベンダーには、刺激性のあるケトン類が多く含まれるため、就寝前の使用は控えます。

②合成か?天然か?

ラベンダーの香りは合成しやすいため、合成のものが安く売られています。合成の香りには鎮静効果が低く、商品によっては、安眠より覚醒させてしまうことがあります。

必ず天然の精油(エッセンシャルオイル)を選んでくださいね。

③自分にとって苦手な香り

精油(エッセンシャルオイル)の注意点のひとつに『嫌いな香りは使わない』というのがあります。香りは、感情にダイレクトに働きかけ、五感の中でも、快・不快を感じやすいのが嗅覚。

人が心地いいと思う感情には個人差がありますので、一般的に、ラベンダーが安眠によいとしても、自分にとっては好ましい香りかどうか?が大切です。

安眠・鎮静作用がある香りは、真正ラベンダーのほかに、フランキンセンス、ローズウッド、イランイランなどもありますので、お試しください(^^)。

f:id:dragon0206:20190301080833p:plain

体調やホルモンバランスによって、昨日はいい香りと思っていたのに、今日はなんだか避けたいなということもあります。香りを選ぶときは、自分のカラダやココロに寄り添って、精油(エッセンシャルオイル)を選ぶようにするとよいです。

どんな言葉をかけるか

知り合いが、今年の4月から子ども《もう少しで1歳》を入れる保育園をどっちにしようかと迷っていると。 ひとつは、月26000円の保育園、もうひとつは、月0円の無料の保育園。

これまでは、空きがなくて有料の保育園に預けてきたけど、子どもが1歳になる4月から、無料の保育園に行けそうだど。(これは、地方の保育園のお話です)

 

3人目の子どもなので、保育園は無料になるとのことで、お金だけ考えると、無料の保育園なんだけど、有料の保育園の質がいいから・・・。家計的には迷ってる場合ではないんだけどね、と。

 

どんなところで、質がいいと感じるの?と聞いてみると、

 

「例えば、子どもが熱をだして、数日休んで、登園すると、『お母さんも大変だったねぇ』って、優しく声をかけてくれる。涙でそうになって、優しい気持ちになれる。子どもにちゃんと優しくしよう、って思える。

でも、もうひとつの無料の保育園は、長女がいた頃に利用していたんだけど、なんとなくいやみ言われたりして、心が枯れる感じ・・・悲しい気持ちになる」と。

 

保育士さんの労いの言葉。「お母さんも大変だったねぇ」大変なとき、たった一言、優しい言葉をかけられるだけで救われる。

 

先日、小学校のイベントの中で、贈る言葉(海援隊)の合唱がありました。歌詞の中に、

=================

信じられぬと 嘆くよりも  

人を信じて 傷つくほうがいい  

求めないで 優しさなんか

臆病者の 言いわけだから

=================

とあります。そう!私たちは臆病者じゃないから!子をもつ親は、強いから!優しさなんか!求めない!!!

 

でも、やっぱり、そんなことはなくて、大変なときには、優しさを求めたいし、優しくされたら、その優しさに救われて、生きていく力が湧いてくるし、子どもにもっと優しくしようって思える。

 

子どもは、親だけが育てるものでもなく、家族だけで育てるものでもなく、社会全体で育てていくものだから、やさしい声をかけ合いたい。

 

贈る言葉の1番目の歌詞には、

=================

人は悲しみが多いほど

人には優しくできるのだから~♪

=================

とあります。人生、悲しいこともあるけれど、その分、優しい声をかけられる大人になりたい。子は宝!大人も宝!。わたしも、あなたも、宝です。

f:id:dragon0206:20190228105351p:plain

リーダーは、悩んで悩んで悩み抜く人間

先日のあるドラマの中で、「わたしは、昔から、本の受け売り、仕事ができる人のまねばかりで、自分のオリジナリティーがない、偽者のリーダー・・・」と、部下をもつ40代女性が悩んでいました。

 

その女性は、部下にガツンと言ったりできないものの、部下が働きやすように、チームが円滑にまわるように、どうしたらよいか、いつも悩んでいます。

 

この悩みに対して、ある子が、ガツンといいます。

 

「たとえ真似事でも、必死でいいお手本見習って、コツコツ努力続けたら、それ、本物だから!周りのひとを幸せにするために、毎日毎日がんばったら、それも、あなたにしかできないオリジナルだから!」 と。

 

また、「いつも悩んでばっかりいる自分はリーダー失格・・・」というと、

 

「じゃぁ、権力をふりかざすリーダーがいいリーダーってわけ?こまったときは、部下に丸投げ、結果がでなければ人のせい、うまくやったら自分がやったと自慢するやつがリーダーなわけ?そんな人間こそ、偽者のリーダーだよ。本物のリーダーは、悩んで悩んで悩み抜く人間なんだよ」と。

 

その言葉で、そのリーダーは自分らしさを取り戻し、新たな一歩を踏み出せたという内容でした。悩むってことを肯定的に受け止めてみると、また違う世界が広がるのかなと思いました。

 

《ハケン占い師アタル》脚本:遊川和彦

f:id:dragon0206:20190228105949p:plain

旅先で、息子のリーダー=私。でも、つり橋の上がこわくて、びくびくの私。大丈夫?と聞く息子。リーダー交代。

グレーの中でもがく。

仕事のことで、あーでもない、こーでもないと、結論がなかなかだせずに、悩んでいると、

 

「そうやってさ、グレーの中で、もがくってことが、大事なことなんだよね」と友人。

 

世の中には、グレーなことがたくさんあって、そんな中で、明確に答えをだせるほど、単純ではなくて、むしろ、白黒つけるほうが、楽ってこと。

 

「善と悪、精神と物体、などの二元論は、争いになりやすい。例えば、外国の神様は、唯一絶対だから、どっちの神様が正しいとか言ってるけど、日本の神様は、たくさんいるから、どの神様を信じる信じないで、争いが起きるないでしょ」

 

神様も、会社も組織も、人間関係も、二元論だけで、語れない、歴史もね。

 

「清濁併せ呑むってこと」

「きれいすぎる水に魚は生息できないと同じように」

 

グレーの中で、もがいて、もがいて、自分なりの答えを見つけることが“一番”。

 

という”一番”とか”絶対”とかいう言葉も二元論。そういう考えもあるよね、のほうが、いいね。

 

もう一人の友人が、「わたしは、すぐに白黒つけたくなる派。ゼブラーマン(しまうま)なんだよなぁ・・・」と言うと、

 

「いやいや、ゼブラーマンなら、むしろ、白か黒、どっち?って話だから。」

f:id:dragon0206:20190228110500p:plain

コスタリカのコーヒー豆が高品質な理由

コスタリカの小学生の夏休みは、12月中旬から2月初旬とのことで、コスタリカに滞在していた1月は、昼間に子どもをみかけることも多く、ホテルに迎えにきてくれる運転手さんの中には、「娘が夏休みだから、今日は一緒に連れてきたよ、アミーゴ!」という人も。助手席から「オ~ラ~(ハロ~)」と挨拶する娘さん。

 

小学生の夏休みが12月中旬から2月初旬に設定されている理由のひとつに、コーヒー豆の収穫時期が関係しているとガイドさんが教えてくれました。

 

コスタリカのこれまでの経済、文化の発展は、コーヒー豆の生産により築かれており、国一丸となってコーヒー豆を生産してきました。子どもも大人も、家族総出でコーヒー豆を生産をするため、収穫のピークでもある1月を学校の休みにしたそうです。

 

ただ、現在は、子どもが手伝うことは、あまりなく、ホンジュラスニカラグアなどの近隣国からの出稼ぎの人が多いとのことです。

f:id:dragon0206:20190212091507p:plain

私は、コスタリカのコーヒー豆が高品質ということを、コスタリカに行くまで、全く知りませんでした。

 

2018年7月に開催された国際インターネットオークションにおいて、COE史上最高価格の2倍以上の1kg約73,000円(総額約1,750万円)で落札されたコーヒー豆がコスタリカ産だったそうです。

 

COE(カップオブエクセレンス)とは、生産国ごとに、その年の最高品質のコーヒー豆を決める品評会です。その品評会に入賞したコーヒー豆がネットオークションにかけられ、世界中のバイヤーが最高の豆を落札しようと入札に参加します。

 

良質な豆をつくれば正当に評価され、品質に見合った金額で販売されるこの仕組みは、生産者のモチベーションや栽培技術などが向上しコーヒー豆の品質がさらに高まったそうです。

f:id:dragon0206:20190212091546p:plain

↑急斜面でのコーヒーチェリーの摘み取り体験。1粒1粒丁寧に、骨の折れる作業です。
 

コスタリカのコーヒー豆が高品質な3つの理由

雨、日当たり、温度、土質、必須条件がそろっている。

コスタリカの土壌は、火山灰により熱帯酸性質、有機物が豊富で保水力があり、コーヒーの根が伸びやすく樹木は丈夫に育ちます。また、国の方針で、気候や地形の条件に応じて、7つの地域に分け、それぞれの地域の特色を活かし、安定した日照量と降水量、適度な気温の下、1粒1粒手摘みされています。

 

法律でコーヒー豆の品種を限定

品質の高いコーヒー生産を推し進めるため、1988年に法律によりアラビカ種のみの生産に限定しました。コーヒーの品種には、アラビカ種、リベリカ種、ロブスタ種、があり、そのなかでもアラビカ種が味や品質に優れていると言われています。法律で品種を限定することは、世界をみてもコスタリカだけです。

 

また、コーヒー協会(ICAFE)が設立されており、生産から輸出までの管理や指導、品質の保持、向上、安定供給など国をあげて徹底されています。

 

マイクロミル革命

コスタリカは小規模な農園が多いことから、以前は、地域一帯の農園が生産したコーヒー豆をひとまとめにして出荷していたり、コーヒーの実(コーヒーチェリー)の状態で農協や輸出業者に販売していたため、買取価格が安く、多くのコーヒー農園は経営難になっていました。

 

小規模で質のよいコーヒー豆を生産している農家が多かったため、自前でコーヒー豆を精製、輸出できるように、マイクロミル=小さな生産処理場をつくりました。

 

これにより、より質の高い豆は、スペシャルコーヒーとしても注目されるようになり、各地のコーヒー豆の個性や特徴もより鮮明になっているそうです。これは、マイクロミニ革命と呼ばれています。

f:id:dragon0206:20190212091620p:plain

コスタリカは、コーヒーの栽培による環境破壊の問題にも取り組み、生産性の向上と環境保護の両方に力を入れています。

 

コスタリカの発展とコーヒー豆については、別に書きますが、コスタリカは、侵略によって、16世紀にスペイン領にされ、19世紀に独立したと言われていますが、独立したのではなく、独立させられてしまった国なのです。

 

スペインや近隣国家に翻弄され、独立させられてしまった貧国が、コーヒー豆で大逆転する歴史は、コスタリカの底力を感じずにはいられません。 

 

コーヒーショップや喫茶店に行ったときには、ぜひ、コスタリカ産のコーヒーを試していただければと思います。

f:id:dragon0206:20190212091936p:plain

第6感を養うために、第5感をフルに使う

 

 

昨日のブログコスタリカの森で学んだこと

のほかに、Nさんは、もうひとつ、私に教えてくれました。

 

Nさんは、昆虫、動植物のほかに、

食事の栄養、おいしさにも精通にもしていました。

 おすすめのレストランは、とてもおいしく、

毎日食べている食品やオイルも紹介してくれて

こだわりのヨーグルトや組み合わせも美味。

 

同じヨーグルトをスーパーで見つけようと思い、

スマホで写真を撮ろうとすると、

ダメです!と言われました。

 

そして、紙とペンを貸してくださり、

「ペンをもって、自分の手で、紙に書きましょう。

指から伝わる脳の刺激を大事にしたほうがいい。

触覚というものを、意識的に使ったほうがいいです。

触覚だけでなく、日常の中で五感を大切にしないと

”脳”感覚””感性”が鈍る」とNさん。

 

同時に、

私の現在82歳の恩師の顔が浮かびました。

その師もおっしゃいます。

 「カラダからの刺激は脳を活性化させる。

ペンを使い、指を使って、書くことは、

脳を刺激し、ひらめきやアイデア、創造につながる」

 

私の中での解釈は、

脳が本店、カラダの部位を支店だとすると、

本店から支店に、指示、指令をだすことが多いが、

支店から本店に、的確な意見をだすこともある。

斬新なアイデアは、支店からでることも結構あるかも。

指と脳は、そんな関係かな思ってました。

 

また、ノーベル生理学・医学賞を受賞した

京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏は、

 

体中の臓器が互いに直接情報をやりとりすることで、

私たちの体は成り立っている。

脳が全体の司令塔となり、他の臓器が

それに従うというのは、もう過去の話であり、

最新医学では、臓器同士が会話をしており、

カラダの中に臓器の巨大ネットワークがあることが

明らかになっている、と、

NHKの番組で言っていました。

 

自分の師と、山中氏の話が頭の中にあったので、

生態系を研究しているNさんからの指摘は、

心にストンという音を立て、

私の中に落ちました。

 

そして、Nさんの

大人も子どもも、第6感を養うことが大事、

という言葉。

 

自分らしさは、そこから、うまれる。

 

さまざまな情報を、

五感をフルに使って感じ取り、

自分の感覚を感性を使って表現できることは

人生を豊かにするということ。

自分の人生をつくるチカラがあるということ。

 

豊かな感性や目に見えない察知能力は、

自分も守るチカラにもなり、

周りを守るチカラにもなる。

 

木を触ったり、森のにおいをかいだり、

虫を見たり、鳥の声を聞いたり、

草の蜜をかじってみたり、

人知を超えた大自然の中で

五感をフルに使って遊ぶことは、

知識や知恵を超えた感覚と感性を育てることを

コスタリカの森で学びました。

f:id:dragon0206:20190208095135p:plain 

帰国した1月、今年は、雪は少ないものの、積もってました。

冬は冬の自然を楽しもうと、

週末はそりにスキーに、でかけています。f:id:dragon0206:20190208095935p:plain

コスタリカの森で学んだ子育てに大切なこと

今回のコスタリカの旅の最大の目的は、

昆虫好きな小学3年生の息子のために、

昆虫や生物を研究しているNさんに

森を案内してもらうことでした。

 

コスタリカは、北海道の6割ほどの面積で、

人口は約486万人の小さな国です。

国土の4分の1が国立公園や自然保護区、

舗装されていない道路も多いです。

 

コスタリカの独特の生態系がみられる森の中は神秘的で、

多種多様のカラフルな昆虫や蝶が舞う姿は、

まるで森の中のファッションショーのようで幻想的。

蛾なのに蛾に見えず、

蛾なのに妖精のように舞ったり、とまったり

羽のデザインは幾何学的で、

左右の配置も美しい。

 

森を案内してくださったNさんは、

本職は昆虫や植物の生態系を

研究されていて、

生物学にも精通されています。

 

ツアーは、朝9時~夜21時。

夜の虫を捕まえるナイトトラップもしました。

参加者は、私たち家族3人と贅沢です。

 

でも、3人だからこそ、 

今回、息子の行動が少し心配でした。

 

息子の特徴としては、

ブツブツと独り言が多く、

はしゃぎすぎるところもあり、

勝手にいろんなものを触ったり、

冒険心も強いので、

川や森に行くと、わたしはいつもハラハラ。

つい、危ない!だめ!気をつけて!

と言ってしまいます。

 

息子の言動や行動は、

迷惑をかけてしまわないだろうか・・・と心配に。

これは、息子の問題というよりも

私が、臆病な心配性という問題のほうが問題。

 

Nさんは、子どもの発達や特徴にも詳しく、 

すぐに息子の特徴を察知してくださり、

心配は無用ということが、

会って数分でわかりました。 

 

Nさんは「このくらいの年齢は、

動きたくて仕方ない年齢だから、

どんどん、カラダを動かしてあげないとね。

運動神経が発達する時期だから

ジャンプでも、なんでも、いっぱい動かさないと。」

 

その言葉を聞いて、

息子はとてもうれしそう。

 

よし!今日は、ハラハラしても

何も言わず、Nさんにお任せすることを

心の中で誓いました。

 

息子は、いつも以上に、ジャンプをしたり

わざわざ危なそうな道を歩いたり、

あと数センチで、崖という道も、

なんのその、バランスをとりながら、

小走りになったり、楽しそうに歩く息子。

 

険しい道でもジャンプしながら、

ウキウキしながら、

Nさんの後をついて歩いています。

 

息子の背中から

お母さん、今日はとても楽しい!!!

という心の声が聞こえてきました。

 

ほんとに、あんなにも、

あふれるほど楽しそうで、

はしゃぐ息子の姿を見たことない。

いつも、私に、危ない!とか言われるから

無心に遊べていないのか・・・と

森の中で、自分の行動を振り返ます。

 

危ない道で、いや危なそうと勝手に

私が感じた道で、思わず、気をつけて!と

言ってしまった私。

 

Nさんが

「大丈夫。私がどこまで安全かわかってますから。

何度も経験して、どこから危険かわかってるから、

どこまで安全かもわかります。

本当に危ないときは、声かけますから。

あとね、子どもは、自然の中で、

いっぱい転んだり、滑ったりしながら、尻もちついたりして、

経験をすることが必要なんです。

それで、自分で体感して、

危険や安全を察知する能力もつくし、

運動神経とかバランス感覚を

養っていくことになりますから。

私は、普段のキッズスクールのときは、

一切親をいれないんですよ。」と。

 

わたしは、危険か安全か知らないくせに

なんとなく、危険とか、

とにかく、危険そうとか

経験がないから、想像で

そう言ってしまう。

 

それからは、一切口出さず。

息子の背中をみながら、私はひたすら歩き、

2回も木にぶつかり、坂道で尻もちをつき、

斜面で滑り、険しい道で転びました。

息子より自分!!

 

言動や行動で迷惑をかけていたのは自分!!!

 

朝から夜まで、

Nさんは、息子をよく観察してくれて、

息子の個性を伸ばそうと接してくれた。

だから、

息子は、心から魂から、

自然を楽しんでいて、

安心して、冒険を楽しんでいた。

 

「子育ては、まず、観察が大切です」とNさん。

 

子どもの個性を知り、認め、

長所として伸ばすために必要な観察力。

長所として伸ばすのは、また別のチカラか・・・ 

 

コスタリカの森の中で学んだ大切なことでした。

f:id:dragon0206:20190207135519p:plain

コスタリカの旅 全日程スケジュール

【コスタリカの旅行日程】 詳細は少しづつ更新していきます。

 

【1日目】 ポアス火山麓に広がるスターバックスの自社農園へ。

ハシエンダ アルサシア農園ツアーに参加。苗木から、加工までのコーヒーの一生を体験。空港から直行し、約40分で到着する予定だったが、土砂崩れのため回り道。2時間30分かかるも、結局閉園の時間となりホテルへ。翌日に予定変更》

宿:レジデンス・イン・サンホセエスカスf:id:dragon0206:20190204103432p:plain

【2日目】 アレナル火山麓、ジャングルの中の温泉地へ。

アレナル火山のエネルギーで川全体が温泉になっているタバコンリゾート。世界一の温泉にも選ばれたこともある名所。上を見ればバードウォッチング、横を見ればイグアナ観察、遠くをみれば火山があります。

宿:タバコンサーマル リゾート&スパ。

f:id:dragon0206:20190130132131p:plain

 

【3日目】 中米ニカラグアの国境付近のロスチレス村へ。

カニョネグロボートツアーに参加。

サギ類、ヤマセミの仲間などの各種水鳥カイマン、グリーンバシリスク、イグアナ、ナワニ、サルなどの動物を観察。ナマケモノは、簡単には見つけられない。

宿:タバコン サーマル リゾート & スパ2泊目。

f:id:dragon0206:20190204102753p:plain

 

【4日目(元旦)】 サラピキ 私営保護区ピエレーラガーデンへ

(タバコンリゾートからは車で3時間30分)

天然カカオからのチョコレート作り体験

敷地内の散策:ナマケモノ、シロヘラコウモリ、カエル、モルフォ蝶、擬態昆虫や野鳥観察。カラフルの昆虫、蝶たちのファッションショーのよう。

宿泊:セルバ ヴェルデ ロッジ Selva Verde Lodge 

f:id:dragon0206:20190204104326p:plain

 

【5~7日目】 生物保護区・熱帯雨林散策へ。

バードウォッチング、モルフォ蝶、赤目カエルややどくカエル、イグアナ、不思議な蟻の行列を観察。冬の森林の中のプールを楽しむ。

宿泊:セルバ ヴェルデ ロッジ Selva Verde Lodge

f:id:dragon0206:20190130133110p:plain

 

【8日目】

レインフォレスト・ゴンドラツアーに参加。

熱帯雨林の樹冠部分の観察、野鳥や動物、森林に生きる木の着生が神秘!!

宿:サンヘラルドデドータ Trogon Lodge

f:id:dragon0206:20190204104547p:plain


 
【9日目】 

手塚治の火の鳥のモデル幻の鳥"ケツァール”探し

朝5時45分集合。ケツァールに出会えるからは運次第。

f:id:dragon0206:20190204103650p:plain

宿:モンテベルデカントリーロッジ Monte Verde Country Lodge泊

 

【10日目】探検昆虫学者西田さんとまわる雲霧林。

今回の旅のメインイベント。珍虫に生態系に雲霧林に息子も親も大興奮。

宿:モンテベルデ泊 Monte Verde Country Lodge 

f:id:dragon0206:20190130133233p:plain

 

【11日目】 自然保護区ツアー参加 つり橋ウォークとコスタリカで空を飛ぶ

熱帯雲霧林に架けられた吊り橋を歩きながら自然保護区を散策&観察。そして、コスタリカの森の空をのワイヤー1本だけで駆け巡るスリリングなアトラクション!8歳の息子もチャレンジするが・・・。さらに最後はまさかのバンジー体験。

宿:モンテベルデ泊 Monte Verde Country Lodge 

f:id:dragon0206:20190130131147p:plain

 

【12日目】 サンホセ市内観光 

国立劇場、文化広場からサンホセの街並み、民主広場、ナシオナル公園、歴史地区を観光。軍隊のない国(常備軍をもたないというほうが正しいようです)としての政治やデモ、食生活、生活習慣病、国民性など、ガイドさんの話がとても分かりやすく、話の構成も穏やかな語り口も絶妙です。コスタリカにあるゴジツアーズさんを利用しました。

宿泊:Courtyard San Jose Airport Alajuela

【13日目】 再び、テキサス州ダラスへ