22歳、無職になるの巻。

スポンサーリンク

まったく就職活動もせず、

彷徨っているうちに、

 

こんな求人あったよ、と

友人が教えてくれました。

 

従業員数3人の

アメリカのサプリメントを

訳す仕事。

 

英語と栄養学が好きだったので、

アメリカの商品について

成分表や飲み方を

訳したりするのは楽しく、

 

見たこともない

その粒のデカさに、

アメリカ人、どんだけ、

喉ぼとけ広いんや!と驚いたり、

 

ドーピングに

ひっかかりそうな成分を

初めて知ったり、

 

日本とアメリカの含有量の差に、

栄養の観点の違いや

サプリメントの存在価値の差に

気づいたり、

ハーブサプリメントの

これからの日本の需要、

可能性を感じたりと

これからの

日本の健康の価値について、

さまざまな

観点から考える機会となりました。

 

表参道にある小さな

マンションの中で黙々と作業。

 

アフターファイブ→古い?の街を

楽しむことなく、

仕事後は、真っ直ぐ帰宅。

 

ある日、会社の先輩に、

管理栄養士の試験、

一応、受けてみたらいいんじゃない、と言われ、

 

でもなぁ、

管理栄養士の仕事は

わたしには向いてないしなぁ、

と迷っていると、

 

せっかくだから、

と先輩。

それもそうか、と。

 

せっかくだから、も、

それもそうか、も、

よくわかりませんが、

いまとなっては、

この会話をしてくれた、

先輩に感謝。

 

それから、数日後だったか、

会社がなくなりますと言われ、

無職に。

 

いま考えると、

個人輸入代行の

お手伝いだったんだな、と。

会社でもなかったのかも。

 

なんか、

この辺りの記憶が飛んでます。

 

人間、心が耐えきれないつらい

体験や強いストレスがあるとき、

いつもの記憶の仕方とは

異なる方法で、

脳の別の場所に記憶されるようで、

そのため、他の記憶のように

よみがえらず、

思い出すことができないことが

あるそう。

解離性健忘といって、

思い出したくない過去を忘れるの

は、本人の心を守ってくれる側面も

あるようです。

 

それほどのストレスがあったのか、

ただ単に、

そんなに大した打撃がなかったから、

覚えてないのか、不明ですが、

 

無職になった記憶はまちがいない。

この過去自体を忘れたかったよ。

 

知り合いがイギリス旅行に行くとのことで、

時間がある私は、一緒にいくことに。

 

 

その旅行で、私は坂本龍馬を経験します。