田んぼの白鳥。

スポンサーリンク

f:id:dragon0206:20180308140441j:plain

田んぼに白鳥がやってくる季節になりました。

 

この風景が好きで、毎年楽しみです。楽しみというか、おー、そんな季節か、この風景好きだな、と思うだけだから、楽しみではなく、好きです、のほうか。

 

白鳥は、夏はシベリアに暮らし、水草を食べているそうですが、マイナス30度以下になる冬は、湖に氷が張ってしまうため、冬は日本で暮らそうです。

 

暑い夏は北海道で、寒い冬は沖縄で過ごすの!というセレブのようで、少しうらやましいですが、白鳥にとっては、死活問題です。

 

羽根に傷を負った白鳥は、日本に残るわけであり、なんとも、さみしくも見えますが、本人(本鳥)は、意外と、優雅に暮らしているかもしれないです。

 

勝手に忖度しないでよ!って。

 

でも、居たくて残る日本と、痛くて残る日本では、感じる日本も違うだろうと思いますが、その辺りも含め、白鳥と話したいもんです。

 

日本の夏は、白鳥にとって、暑すぎるから、シベリアに帰るわけだから、

 

日本に残る白鳥のためにも、今年は、猛暑にならないように、雲にいる、いかりやちょうすけ雷様にお願いしたい気持ちです。

 

昨年、引っ越したK様に、こちらの田んぼの白鳥の近況報告いたします。