子連れ沖縄・宮古島旅行 息子を追い込み漁する母

スポンサーリンク

ブログ更新が遅くなり、すみません。

「待たせてソーリー」byよっちゃん

(元たのきんトリオ野村義男氏)

誰も待ってないか!

 

先週から沖縄・宮古島に行ってきました。 

5回目の沖縄宮古島

これまでは

2月~3月に来ていたのですが

今回は、夏に行こう!と

 

家族3人、車で2時間仙台空港へ。

仙台空港那覇宮古島

自宅出発9時、宮古島到着17時。

 

陸マイラーを教えてくれた

Mトちゃんのおかげで

コツコツ貯めたマイルを使って

飛行機代はタダ!ありがとう!

 

17時宮古島空港に到着。

毎度利用しているレンタカーの

社長さんが、迎えに来てくれて、

 

「いらっしゃい、というより、

おかえりですね~」と。

 

いよっ!しゃちょさん!

客心、わかってますな~

次回も必ず利用すます。

 

沖縄レンタカー、宮古島

http://www.okiren-miyako.co.jp/index.html

 

 

宿は毎回コテージしず和。


 

宿から、海も見えて、

ドイツ村もシギラリゾートも近く

便利で快適な宿です。

 

地元の方が、

「ここ最近の宮古島石垣島は、

バブルですよ

宿泊施設も、移住の家も足りない状態。

建設ラッシュ、ラッシュです。

中国からの豪華客船が来た日は

イオンスーパー、ドンキーホーテは

客であふれています」

と言っていました。

 

国内でも、数年前から

大阪、東京からの直行便も始まり

にぎわってます。

 

「きれいな海、いまのうちに楽しんで」

とも言ってました・・・。

 

翌日から毎日シュノーケリングをして

海の美しさと、

きれいな魚たちをみて、

家族全員、鼻を膨らませながら、

興奮&興奮で、

この海を守りたい気持ちになりました。

私にもこんな気持ちがあったのだなぁ。

 

もっともっといろんな魚を見たくて、

もっと遠く、もっと深く、

潜っていきたい気持ちになり

気をつけないと、

波に飲み込まれそうになる線まで

行きたくなりました。

 

ただ、初日はこわくて、

私は、遠くへは行けず。

 

でも、息子は、もう楽しくて仕方ないのか、

初日から、どんどん、波の高いほうに、

遠くのほうに、行こうとするのですが、

私は、心配で心配で、

 

息子の前に立って、

両手でふさぐように

カバディカバディという姿勢で、

遠くへ行かないように、行かないように

守っていたつもりなんですが

(分かりますか?カバディーという競技?)

 

心配が過ぎて、

どんどん岸辺のほうに

追い込んでいたようで、

 

夫が、

「ねぇねぇ、追い込み漁になってるよ。

もうさ、足がつく深さになってる」

と、つぶやく。

 

気づけば、その深さ1メートルもなく。

息子を、浅瀬に追い込んでました。

 

シュノーケリングの楽しみを

奪う母。

 

「こんな浅いと、魚、みえないわ~。

追い込み漁のクセがすごいわ~」

と、千鳥風の息子。

 

臆病な母を許してオクレ、

ミスターオクレと思い、

あとは夫に任せて

わたしは、浅瀬に佇むことに。

 

待つ事、1時間。

 

これまで見たことのない

珊瑚と魚をみた!もう別世界!

夫と息子が

興奮しながら戻ってきました。

 

私は、ものすごくうらやましくなり、

翌日は勇気をだして、

一生懸命、必死に、

息子と夫についていくと、

おー!これが!別世界か!!

神秘的な光景が広がり、

シュノーケリング

魅力にはまるの巻。

 

↓こちらのライフジャケット。

私の父親に借りたのですが、

どこで買ったんじゃ?

というゼブラ柄。

ダサい、ダサすぎる。

 

夫に写真を撮って、と言ったら、

「ほら、ドンキの袋も両手にもって、

どこまでもダサく」と

どーでもいいアドバイス

f:id:dragon0206:20180808212332j:plain

 

↓こちらは、海辺の箱庭
イムギャーマリンガーデン。

穏やかな入り江ですが、深い場所では水深15m程あり、

魚影も濃くて波も静かなので

私のようなビビリでも、

ダサさ100%でも、シュノーケルを楽しめます。

f:id:dragon0206:20180808212337j:plain