子連れ ダラス・コスタリカ旅行 旅行後の満足度を維持すること編

スポンサーリンク

年末は、アメリカ・ダラスを経由し、

コスタリカに行ってきます。

 

コスタリカに行くきっかけ編

子連れ旅 ダラス・コスタリカ旅 きっかけ編 - ランプをもって旅にでる

 

ダラスの場所がわからず、調べます。

アメリカの南の位置する

テキサス州という場所にありました。

メキシコとの国境の州です。

 

コスタリカって、どこだっけ?と調べます。

北米(カナダ・アメリカ)と南米の間の中米にあり

メキシコの下のほうで、パナマの隣国です。

f:id:dragon0206:20181224183933p:plain

 

日本からコスタリカへ直行便がないので、

ダラス乗換でコスタリカへ入ります。

 

アメリカ乗り換えでは、

ほかにもロス、ヒューストン、

アトランタ経由があり

ほかの国では、

メキシコ乗り換えもあります。

 

今回は約約3週間ということで、

アメリカに入って、

それから、ゆっくりと

鉄道でコスタリカに行くのもありだね、

なんて、夫と話していたのですが、

よく調べると、鉄道なんて使っていたら、

今回の旅、ほぼ移動になるわ!と、わかり

即、飛行機を選択。

 

北米、中米、どんだけ広いと思ってんねん!

と自分と夫につっこみたいです。 

 

ダラスで数日観光してから、

コスタリカに行くことにしました。

 

日本⇔ダラス(テキサス州)は、JALを利用。

ダラス⇔コスタリカは、アメリカン航空を利用。

アメリカン航空は、初めての利用で、

ネット予約がうまくいかず、

英語と日本語でのやりとりが必要となり、

てこづりましたが、無事予約完了。

このやりとりについては、

また別に書きたいと思います。

 

ダラスでのホテル選び、食事、移動手段、

コスタリカでのツアー観光選びなど、

普段、口数の少ない夫が、珍しく、

イキイキと話しかけてきます。

 

旅行前に綿密に計画を立てることが

旅行後の満足度の維持につながるらしい。

 

機内食から現地の食事の調査をはじめ、

コスタリカの情報を調べながら、

旅行代理店さんにも、たくさん

アドバイスをいただきました。

 

なぜ、綿密な計画が、

その後の満足度アップにつながるのか?

主体的に行動することが関係するのかな?

と思いながら、調べてみると、

 

旅行後の満足度の継続について

実験&統計情報が2つありました。

 

ひとつは、

オランダにあるブレダ応用科学大学で行われた実験

やる気が11週間も続く、科学的に正しい休日の過ごし方。ホリデイリフト。|星空の見える読書部屋

 

ふたつめは、

じゃらんリサーチセンター
旅行検討プロセスにおける情報接触調査

www.travelvision.jp 

統計によると、

自分で計画を立てることは

満足度アップの必要条件であるとともに、

現地での情報収集より、

変更追加することで、

さらに満足度がアップするようです。

 

旅は、計画通りにいかないことも

多々ありますが、

ハプニングも楽しみながら、

家族旅行を楽しみたいと思うぜぃ!

 

旅先での食事プランの心構えとしては

この方のブログを参考になりました。

www.lifehacker.jp