子連れ旅 ダラス・コスタリカ旅 きっかけ編

スポンサーリンク

息子が小学校3年生になり、

私としては、

世界は広い!ということを

体感してほしいという気持ちから、

まずは一緒に海外旅行をしよう!と思い

 

どこか、行ってみたい国はないか?

と息子に聞いてみたところ、

 

「とくにない。外国はこわい。

日本でいい、ここでいい。」と返事。

 

ここに満足しているなら、

それはそれで幸せなことだな、

思いながらも、

もっと、脳を開放してほしいという

私の勝手な願いもあり、

 

息子の脳の開放のために、

何かきっかけがないものかと

考えていたところ、数日後、

 

「そだな、あえていうなら

ボスニアヘルツコピナかな」

と、息子が言う。

 

なんで?と聞くと、

 

毎日使っているふでばこに

世界の国旗が並んでいて、

ボスニアの国旗が好きだから、

という理由。


息子は、あえて言っただけで、

ぜひ!海外旅行に行きたいと

思っているわけではないけれど、

ひとつ前進したと嬉しくなる。

 

私も行ったことがない国なので、

興味深々で、

早速、ボスニアの歴史、宗教、紛争の傷跡、

現在の状況を調べはじめると、

いまのボスニアをこの目で見たくなり、

私の心が、東欧ボスニアに染まりだした頃、

 

「やっぱりさ!

コスタリカのほうがいいかなぁ!!」

と息子。

 

先日の、あえて感はなく、

少し目がキラキラしているように思える。

 

ドシタ?ナゼ?コスタリカなのだ?と聞くと、 

 

ダーウィンが来た!という番組を

毎週、観る中で、

 

2018年8月19日放送の

ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「奇想天外!珍虫たちのサバイバル」

がおもしろくて、

昆虫探しがしたいと思ったと。

 

そういえば、

今日は、学校で何をした?と息子に聞くたびに、

だんご虫をいっぱいみつけた

とか

○○君と、虫探しをした

とか

蟻じごくがおもしろかった

など、

息子が昆虫が好きだったことに気づく。

 

また、コスタリカと聞いて、

20年前にフラッシュバック。

 

卒業旅行でコスタリカに行ってきたよ!

という友人に、衝撃を受けたことを思い出す。

 

コスタリカ?!どこにある?ジャングル?

それって国?町?人、住んでいるの?

くらい無知な私。

とにかく、ものすごい衝撃を受けて、

脳内に強く刻みこまれた文字だった。

 

その記憶はすっかり忘れていたけれど、 

息子から、コスタリカという文字を聞いて、

私の脳から、コスタリカという文字が

ペリペリとはがれて、

脳内にさまよいながら、

やっぱり、行くことになったか、

というような不思議な感覚に。

なんちゅうか、ほんちゅうか、

脳内に強く刻みこまれものは

現実化するのだな!と感じた。

 

というのも、

 

私が、小学3年生のときに、

テレビで、俳優の奥田二さんの

妻の安藤和津さんがでていて

若いときのイギリスに留学の写真を紹介していて、

とても衝撃を受けたんです。

 

外国人と楽しそうに写真に移る光景は

脳に衝撃を与えたものの

しばらく安藤和津さんの写真のことは

すっかり忘れていました。

 

22歳になり、イギリスに住み始めて 

数ヶ月後、イギリスのハムステッドという公園で、

スイス人の友人2人と撮影した写真をみたところ、

突如として、安藤和津さんの留学のときの

衝撃と写真がフラッシュバックされた。

 

自分の写真は、安藤さんの写真と

風景やアングル、構図もとても似ていて、

脳内に強くインプットされたことは

実現するのかもと思った22歳の自分のことを

息子を通して、思い出しました。

 

みなさんもそんなことはありませんか。

まぁ、勝手に結び付けている感もありますが・・・

 

話は戻りまして、 

息子が影響された回の

ダーウィンが来た!と観てみると

昆虫探検学者の西田賢司さんが

珍虫をとても楽しそうに紹介していた。

擬態昆虫やカラフルな昆虫の姿は、

私にとっても、ものすごくおもしろくて、

実際にみてみたい!と思ったし、

コスタリカに住む西田さんにも興味がわく

我々家族。

 

旅先は、ボスニアからコスタリカへ変更し、

ボスニアは今後の行きたい国リストへ。

 

日本からコスタリカへの直行便は就航していない。

デルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空など

日本へ乗り入れているアメリカの航空会社を利用して

アメリカで乗り継いで、

またはアエロメヒコ航空でメキシコで乗り継いで

首都サン・ホセへアクセスするのが一般的。

 

と地球の歩き方にはありましたが、

我が家は、JALのマイルを利用し、

 

成田→アメリカ・ダラス間はJAL利用。

ダラス→コスタリカ間はアメリカン航空を利用

することにしました。

 

ただ、アメリカン航空は

JALのマイルが利用できないため、

自分でチケットを手配することに。

 

我が家から成田へは、約4時間。

成田→ダラスは、約13~14時間

ダラス→コスタリカは、約4時間~4時間30分。 

 

また、日本⇔アメリカ・ダラスと

アメリカ・ダラス⇔コスタリカの

乗り継ぎの時間のタイミングがあわず

行きも帰りも、

ダラスでの前泊が必要のため、

せっかくだから、

ダラスも楽しもうということになり、

ダラス6日間の旅も計画することに。

 

2018年12月25日から、約3週間

北米ダラス・中米コスタリカの

家族3人の虫探しの旅がはじまりました。